ママでフリーランスで質素な社長夫人

質素で合理的に生活して、楽しく仕事!楽しく子育て!をする方法まとめ

スポンサーリンク

年収の高い男性を狙うなら◯◯がオススメ!FP的お金と結婚

30歳を過ぎると周りにチラホラ離婚する人が増えてきます。

 

特に田舎は早くに結婚した人が多く、その分離婚率も高くなる気がします。

 

とは言えまだ30代。

 

第二の人生を送るべく、婚活に励む人も多い。

 

そんな友人たちと話すと必ず出てくるのがお相手の年収。

 

若くして結婚した人はお金で苦労した人も多く、相手の年収には特に気にするとか。

 

年収と結婚。

 

FPで結婚12年目の30代女がその関係について語ります。

 

f:id:Financial:20190408025407j:image

 

 

婚活女子が相手に求める年収は?

そもそも婚活女子が相手に求める年収ってどんなもんか?と調べてみました。

理想の結婚相手は年収500〜599万の少し背の高い年上男性 回答者の90%が最低条件として年収300万円以上の男性を希望|株式会社ベーシックのプレスリリース

 

色んなデータがありますが、こちらの

理想の結婚相手は年収500〜599万の少し背の高い年上男性 回答者の90%が最低条件として年収300万円以上の男性を希望

と、いう記事。

 

どこもこれくらいですね。

 

理想は平均年収より少し上。

 

年収500万円というのは、月の手取りに直すと24〜25万円程度ですね。

 

政府の統計では、年収500万円の男性は300万人程度いるそうです。

 

年収300万円というのは、月の手取りに直すと20万円程度になりますね。

 

政府の統計では、労働人口の中で一番多い層で、男性は500万人程度いるそうです。

 

年収300〜600万円という条件ならかなりの男性が候補に上がることになりますね。

 

ちなみに年収600万円というのは、男女合わせて全体の8〜9%程度しかいなくて、既婚者が多いというデータがあるようです。

 

年収って大事?

結婚するときの年収は大事か?という問題ですが、年齢が上がるほど年収は大事になると思います。

 

若いうちはボラティリティ(成長可能性)も高いし、失敗してもやり直しがしやすいですが、年齢が上がるにつれて段々と厳しくなっていく現実があります。

 

ただ、高い年収だけを見ているとその人が失業した時などピンチの時に夫婦仲も怪しくなる可能性があります。

 

離婚原因が「お金」だったという夫婦も結構多いですし、逆に「お金」が原因で離婚出来ない夫婦も多いので、その辺りはキチンと考えておくことが必要ですね。

 

FP的お金と結婚の話

お金は大事だけど、お金だけじゃダメな恋愛・結婚。

 

後は、収入源も大切だと思います。

 

日本の教育は労働者教育なので、年収の話になると、その年収を稼ぐ職業は?となり、必ず労働収入に注目します。

 

けれど、労働収入だけでなく不動産収入やオーナー収入で稼いでいる人もいます。

 

年収は低くても、労働収入と非労働収入を掛け合わせている人や非労働収入に力を入れている人は将来的に資産が大きくなる可能性があります。

 

ちなみに資産が多い人ほど投資を行なっているというデータがあります。

 

これは、投資をしているから資産を持てたのか、資産があるから投資をしているのか分かっていないようなので、多くの資産を目指すなら投資をしているかどうかも大切なポイントです。

 

ただ、結婚するなら価値観の合う人が一番な気がします。

 

例えば、田舎に住みたいか、都会に住みたいかで意見が分かれるだけでも結婚生活って結構大変なんですね。

 

収入が低くても、二人で◯◯がやりたい、◯◯な生活を送りたい!だから二人で頑張ろうって思える相手なら意外と上手くやっていけたりします。

 

逆に、片方が二人で頑張りたいと思っても、片方が相手に頼りたいと思ってたら亀裂が入りやすい。

 

そして、ある程度の収入を相手に求めるなら自分自身もお金について学ぶのが一番です!

 

今の世の中、収入が高い=安定ではありません。

 

大手の企業に勤めていてもリストラされるし、倒産もします。

 

収入が高い、資産がある人はリスクを取っている可能性が高い。

 

だからリスクについて学び、その時自分はどうするか?を知っていると慌てずに済みます。

 

「こんなはずじゃなかった!」が減るとお金絡みの離婚率は減ると思います。

 

年収の高い男性を狙うならお金の勉強をオススメします♪