ママでフリーランスで質素な社長夫人

質素で合理的に生活して、楽しく仕事!楽しく子育て!をする方法まとめ

スポンサーリンク

ぶどう狩り、ブルーベリー狩り!夏の狩りで美味しく学ぶ

息子には季節の食べ物をあげるようにしているのですが、その中で大切だと思ったのが、食べ物はどのように出来るのかを伝えること。

 

幼児教室では、3歳くらいになったら魚釣りをして、さばいて食べるということをして、食べ物について教えていくと言われましたが、1歳代でも伝えられることがあります!

 

それが、『狩り』。

f:id:Financial:20180817234556j:image

 

 

『狩り』から得られるもの

今年の春先にはじめて『いちご狩り』に行きました。

2度行きましたが、美味しいと感じたいちごは凄い勢いで食べましたが、大人がちょっと微妙な味と感じた方はあまり食べませんでした(笑)

 

まぁ、それもまた面白い経験です。

 

ご飯をただ食べているだけだと、食べ物がどう出来るかって分からないんですよね。

 

スーパーで売っているのを見るのも同じです。

 

例えば、野菜でも果物でも育てて身がなって初めて食べれる。

 

本当は育てて食べるのが良いのだと思いますが、私は子供を育てることでいっぱいいっぱいなので(笑)

 

今の時点では、身の収穫だけさせることにしました。

 

季節の狩り

春先はいちご狩り。

夏から秋にかけては、ブルーベリー狩り、ぶどう狩り、梨狩り、プラム狩り、キウイ狩りなどがあります。

 

狩りではないですが、サツマイモ掘りなどもいいですね。

 

季節の食べ物も分かるし、取る楽しみもある。

狩りは楽しく学べる最高の遊びです!

 

ちなみに、今回は東金市にある、東金ぶどう郷に行きました。

 

【東金ぶどう郷】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

 

9軒の観光農園さんが集まっている東金ぶどう郷。

 

色々な観光農園さんがいるので、何軒か回っても面白そうですね。

 

私は中田ぶどう園さんに行きましたが、行ってすぐにぶどうの試食を出してくれたので、色々なぶどうの食べ比べも面白かったです。

 

f:id:Financial:20180817234624j:image

 

 

ちなみにブルーベリー狩りは、そこから20分くらいの山武市というところに行きました。

 

ぶどう狩りは、数個選んで、買って帰るだけなので、早ければ数分で終わりますが、ブルーベリー狩りはもぎ取らなければいけないので、結構時間かかりました。

 

1歳児の狩りに絶対持って行った方が良いもの!

子供用のエプロンは必需品です。

 

ぶどう狩り、ブルーベリー狩り、その場で食べると綺麗に服が紫色に染め上がります。

 

要注意!