ママでフリーランスで質素な社長夫人

質素で合理的に生活して、楽しく仕事!楽しく子育て!をする方法まとめ

スポンサーリンク

台風で避難準備指示!1歳児のママが自宅避難を想定して準備したこと

ここ最近、自然災害が多いので防災意識を高めることをしています。

 

今回は、台風で避難準備が出たので、その時のことを。

f:id:Financial:20180809005022j:image

 

 

地震だけじゃない!自然災害

私が想定する自然災害って一番は『地震』でした。

 

東日本大震災の日はビルの9階で仕事をしていて、帰宅難民になりました。(最終的には主人が迎えに来てくれて帰れました。)

 

その後、計画停電などで電車が動かず出社出来ない日が続き、上司に嫌味を言われたり…

倒れた本棚の中で仕事をさせられたり…

 

会社は私を守ってはくれない!

と、ジワジワ感じ始め、しばらく経った2012年頃から本格的に『雇われない働き方』を模索し始めました。

 

そして、すったもんだで個人事業主として働き始め、妊娠、出産。

 

しかしですね。

 

私、防災意識はそんなに高くなかったのです(汗)

それに気付いたのが最近です。

 

そして、情報を集め、少しづつ防災用品を集めたり、部屋を片付けて防災意識を高めていきました。

 

そしたら、今回台風が関東に直撃。

 

避難準備指示の地域に入ったのです。

 

台風の防災準備

台風は予測ができる分、準備の時間が作れます。

しかし、ある程度準備していないと難しいと感じました。

 

まずは、自宅の立地から考えられる被害を予測します。

 

土砂崩れ、川などの氾濫、浸水被害…

 

これらの被害が出る場所なら、避難所へいつでも避難が出来るように準備をしましょう。

持ち出し用の防災用品、避難所へ行くまでの雨具も必要です。

傘などは壊れてしまう確率が高いので、レインコートと長靴が良いようです。

そして、避難場所の確認も忘れずにしましょう。

 

これらの心配がない場所でも強風などで窓ガラスなどが割れることも考えられます。

また、強風、大雨による停電が予想されます。

 

自宅で過ごすことを想定して私は以下の準備をしました。

 

  1. 食料や必要なものの買い出しは、天気予報を見て台風の前に行く。
  2. 外に飛ばされるようなものがないか確認し、あれば片付ける。
  3. 風が強くなる前に二重窓をきちんとしめておく。
  4. 停電に備えてご飯の支度、早めのお風呂、ライトの準備、スマホの充電、ラジオの確認
  5. ガラスが割れたりすることを考えてホウキを準備

 

特に停電に備えてライトの準備をしておくのは重要です。

ご飯も停電すると作れないので、早めに作っておいたり、火を使わなくてもすぐに食べられるものを用意しておきます。

 

子供は我慢出来ませんからね。

 

スマホの充電もしっかりしておきましたが、万が一に備えてラジオも使えるか確認しました。

普段使わないので、いざという時使えるか心配だったので(汗)

 

ただ、我が家にあるのはラジカセ式(電池でも動くもの)なので、少し大きめ。

早く持ち出し用の防災用品を作って、その中に小型のラジオを用意しなきゃなと思いました。

 

いざという時にすぐに使えるように日頃から準備が必要!

自然災害は予想通りにはいきません。

今回自宅避難を想定しましたが、もしかしたら家が被害に遭うかもしれません…

 

大切な人の命を守るためには、日頃から準備をしなければいけないんだなと改めて感じました。

 

一気にあれもこれも用意できませんが、少しづつ防災意識高めていきます。