ママでフリーランスで質素な社長夫人

質素で合理的に生活して、楽しく仕事!楽しく子育て!をする方法まとめ

スポンサーリンク

子育てで意識をしていり3つのこと

子供が1歳になる頃から色々と子育てについて学び始めました。

 

現在、1歳9ヶ月。

 

実際にやってることを紹介します。

 

現在意識しているのは3つです。

f:id:Financial:20180701001952j:image

 

 

実践している3つのこと

  1. 親子教室で学び実践
  2. 考える力を養う
  3. アルファ波を出す

 

それぞれ解説していきます。

 

1.親子教室ベビーパーク

1歳になる頃に歌が流れるとノリノリになる息子を見て、何か興味の持てることをやらせてみたい。

 

私自身、いつか英語をやりたいという思いがあったので、英語の歌や踊りが出来るところに行ってみよう!

 

と、色々無料体験に行ってみました。

 

ヤマハペピーキッズ、七田式教育…

 

どれもしっくりこない…

 

七田式教育の英語体験に行った時に幼児教育の方も気になり体験に行ってみました。

 

そして、幼児教育も面白そう!と、再び色々と探してみました。

 

そこで出会ったベビーパーク!

 

正確には、親子教室となり、親がどうやって子供と関わって行くかを学べる場所になっています。

 

現在、ベビーパークに通っています。

 

ベビーパークの話はまた詳しくお話しします。

 

2.考える力を養う

私、以前は塾に勤めていました。

受付ですけどね。

 

その先生方とは今でも親しくさせていただいてて、先日子供の教育は2つでいいと言われました。

 

1つは考える力を養うことで、2つめはアルファ波を出すことだそうです。

 

考える力はどう養えばいいんですか?と聞いたら、色んなものを見せれば良いだけと言われました。

 

見るだけで人は無意識に考えるとのことです。

 

なので、色々な所に連れて行って、色々なものを見せてあげようと思いました。

 

3.アルファ波を出す

これに関しては、リラックスをすることで落ち着いていて、集中力のある子になるのだそうです。

 

そのためには、モーツアルトのようなクラシック音楽を聴かせることと、嫌なことを無理にさせないことだそうです。

 

嫌なことをさせない…

 

歯磨きとか嫌いですけど(笑)

 

生活に欠かせないことはしょうがないけど、それ以外の事は許せる限りリラックスして日々過ごしてもらいたいと思います。

 

共通して言える事

これら3つ、どれも共通して言えるのが、親の役割は環境を整えるだけということです。

 

ベビーパークでは、ダメと言わない環境作りが大切と言われました。

 

ついついダメ!って言っちゃうんですけどね。

 

なので、環境を整えることと、親である私自身のストレスを抱えないことが大切だと思っています。

 

これらを続ける環境作りと母がいかに毎日を楽しく過ごせるかを日々考えながらやっていきます。